毎日の生活習慣にアルファーエンザイムとアルファーリバースをお届けする 「株式会社PMC」

■CALENDAR■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2020年06月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■

ガンと腸内細菌」

腸内細菌の死滅はガンに直結(≧ω≦)part2

悪玉菌優位の腸内細菌叢になると、悪玉菌は腸内で腐敗を勧めて発ガン物質を作るため、これもガンの発症に関与していると考えられます。

カリフォルニア大学の研究では便秘の女性に乳ガンの発症例が多いことを示しており、便通が週に2回以下の人で特に顕著であったとしています。

乳ガンのリスク増大を発表した研究チームも、免疫系のバランスを崩してガン細胞の増殖を抑制できなくなったりする可能性を指摘しています。

また、抗生物質が必要以上に使われることを懸念し、乱用をやめることで乳ガンの一部を防ぐことができるのではないかとも述べています。

胆汁にはもともと刺激の強い成分が含まれていますが、胆汁が小腸に分泌されると、善玉菌がこの成分の刺激を弱めてから大腸に届けるという役目を果たしています。

ところが、抗生物質が善玉菌を殺してしまうとこの役目が省略される他え、胆汁は胆汁は刺激が強いまま大腸に到達し、大幅にダメージを与えてしまいます。
実はこのことが、大腸ガンの増加にも関与しているのではないかと疑われています。

胆汁にはもともと刺激の強い成分が含まれていますが、胆汁が小腸に分泌されると、善玉菌がこの成分の刺激を弱めてから大腸に届けるという役目を果たしています。

ところが、抗生物質が善玉菌を殺してしまうとこの役目が省略される他え、胆汁は胆汁は刺激が強いまま大腸に到達し、大幅にダメージを与えてしまいます。
実はこのことが、大腸ガンの増加にも関与しているのではないかと疑われています。

リサイクルできてお得に思えますが、例えば女性ホルモンのエストロゲンは、分解されずにそのまま再吸収され、エストロゲンへの依存度が高い乳房や子宮、卵巣などに運ばれることにより、これらの組織で過剰に作用することになります。

その結果、ガンや子宮筋腫、月経のトラブル、更年期障害など、女性特有の問題に発展する恐れがあるというわけです。

以上、リンク先からランダム抜粋
http://blog.goo.ne.jp/masakinesion/e/21e2da37c00798b5abe2ba896b06c9f5

☆良く聞くことです。
便秘症状を改善すると、もろもろの他の症状が快方に向かいます。血液関係、循環器系疾患、お肌荒れその他もろもろ
ってことは、私たちの身体 自分の腸内環境の状態によって、大きく影響を受けている、ということです。
ガン細胞も、毎日発生している(正常細胞の変身!)ものですので、腸内環境が正常に機能していると、発生するガン細胞数の数が抑えられ、身体防衛隊の免疫機能が発揮されやすいと考えられます。しっかりと腸内ケアしてくださいね。
腸内細菌研究会:RIN

| http://pmc-sup.com/blog/index.php?e=3 |
| 新着情報 | 04:56 PM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑

Copylight(C) 2012 pmc.co All Rights Reseved,